スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いたちCaffè、閉店につき。(1/3)

いらっしゃいませ!
いたちCaffè店主まぁみです☆。:+ヾ(*゚∀゚*)ノ+:。☆

・・・どうしようもないほど、閉店状態が長引いてしまいました(汗

「ん?こんなブログあったっけ?」と思われるのは承知の上で。

このまま、忘れ去られる1ブログで終わりにしようかと思っていたんですが。
可愛い我が子の生活を、多少なりとも綴った存在だと思い改め、締めだけはキッチリしておかねば!と。



最後に更新したのが、ちょうど4年前というのは偶然です。
お時間のある方は、追記の方からご入店下さい。

「いたちCaffè営業最終日」 開店しまーす!(。・㉨・)ノノノ

まずは、モカの不調から。

夕刻辺りから、軽い嘔吐をするようになったモカ。
時間が経つにつれ、嘔吐の回数やえずき具合が悪化。
水を飲み、少量ですがご飯も食べ・・・しかし、排便は無し。

夜中辺りになると、ぐったりして動かなくなるが、嘔吐は止まらず。

「朝になったら病院に連れて行ってあげられるから、それまで頑張って!」
自分には、そう励ますことしかできず、歯がゆい思いで一晩を送りました。

朝一で、かかりつけのペットクリニックに連れて行くと、すぐレントゲン撮影をすることに。

モカの胃は、通常の3倍の大きさに膨れ上がり、小さい体の中でパンパンになっていました。
先生曰く、
「毛玉か何かが腸で詰まっているようです。一刻を争います。手術になりますがよろしいですか?」
とのこと。
すがるような思いで、執刀をお願いすることに。

手術自体は短時間で終了し、快方に向かうでしょうとのことで、一安心。
一晩入院して、次の日に退院という速さにビックリしたのを覚えています。


「詰まっていたものは、コレです。何かお分かりになられますか?」
先生が銀色のトレーに乗せて持ってこられたものは、7mm前後の小さな肌色の三角形のゴム。

それは、モカが大好きな大好きな、『ぶーちゃん』の耳の先でした。
皆さんの中にも、見覚えのある方は多いのではないでしょうか。
ソフトゴムで出来た豚の人形で、噛むと『プーッ』と高い音が鳴ります。


噛み過ぎないように、その都度回収していた つもり でした。

人形に亀裂が入ってないか、チェックしていた つもり でした。

結局は、飼い主の自己満足の上に胡坐をかいた『つもり』でしかなかったのです。
後悔してもしきれないし、モカには申し訳ないことをしたと思います。

ブログの更新をしなくなったのも、この件がきっかけでした。
『飼い主失格の自分が、フェレットについてのブログを書く資格があるのだろうか?』と。


脱水症状と腸閉塞の影響で、毒素が回り血液と肝臓の数値が良くないモカでしたが、抜糸が終わるまでの投薬で、なんとか血液検査の数値も範囲内におさまるまでに回復し、ほっと一安心したのでした。

人間の手術から考えると、動物の手術というのはざっくりなんだなーと、驚きの連続でした。
術後の注意事項は、「縫い口を舐めないように、気を付けてあげてくださいね」だけでしたし(苦笑
こんなぐにゃぐにゃした動物に、エリザベスカラーとか無駄ですし・・・_ノ乙(、ン、)_

免サポを飲むモカ

2013/05/26(日) | 店主まぁみの独り言 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://itachicafe.blog59.fc2.com/tb.php/74-5dc0fc28
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。